考察

ジムに通い続けることができる人の特徴を考えてみた。

私は現在約2年間ジムに通っています。特に意識はしていなかったのですが、なんとか2年間続けれています。そのなかで私がジムに通い続けれる人の特徴を考えてみました。

1.こつこつ積み上げるのが好きな人

私がもしかしたらこのタイプなのかもしれませんが、こつこつと自分で何かを成し遂げていく過程がすきなのかもしれません。特にジムではそれが顕著に現れます。例えば、自分の身体の変化です。ジムで筋トレを始める前は本当にへにょへにょな身体でどうしようもできないレベルでした。それが、ひたすらジムに通い続けることで変化が起きていくのです。身体が毎日少しづつですが、大きくなっていくのがわかるのです。私の場合今日も大きくなったのかなと鏡の前に身体をみる習慣があります。はじめのころはすぐに変化は出てこないのですが、数か月たつと見違えるほど変化していることがあるのです。その瞬間がたまらなく好きなので、こつこつと何か積み上げていくタイプの人には向いていると思います。

2.努力を努力だと思わない人

私はこれまで約2年間ジムに通い続けていますが、特に自分で努力をしていると感じたことがありません。というのも、わたくしの場合ジムが好きなのでそういう次元で通っているわけではないのです。なので、いまでさえも私は努力を続けているんだと豪語しません。ただの習慣になっているのです。これがもし、私は努力をして毎日ジムにかよっているんだという人がいればこのさき1年後続けれているのか心配になります。なにごとにおいてもそうですが、他人から見て努力と思われていることが実際自分では努力だと思っていないことが多々あるのです。そのため、努力を努力だと思わない人が向いてと思います。

まとめ

努力を努力だと思わず、こつこつと何かを積み上げるのが好きな人がジムを続けるには向いていると思います。