メンタル

ジムに通うモチベーションの保ち方について

私は現在約2年間ジムに通い続けています。そんな私が考えるジムに通うモチベーションの保ち方について考えます。人によってはなかなかモチベーションが上がらず、すぐにやめてしまう方がいます。その解決策を提案します。

1.いやでも毎日通う

これは当たり前の話ではありますが、いやでも毎日通うことです。毎日はさすがに厳しいかと思いますが、最低でも週3では通ってほしいです。というのも、ジムにいかなくなるかたは継続力がそもそも足りていないので、いやでもジムに足を運ぶ習慣をつけることが大事です。それができたら、いまでも通えているよという声が聞こえてきそうですが、本当にこれが大事なんです。というのも、考えてみてください。あなたは、毎日学校、ないし会社に通うときにモチベーションのことを考えますか?今日は、なんとなくいきたいないから、学校をさぼる、会社にいかないという行為をするのでしょうか。大半の方はしないと思います。いやでも、いけているのはモチベーションうんぬんの話ではないのです。そんなの当たり前の話です。なので、モチベーションが上がらないのでいけませんではなく、いくのが当たり前とおもえるようになるまで足しげく通うのです。それができたら、必ず通うことはできます。

2.気になる人がジムにいる

これは私の話ですが、ジムの受付の子にとてもかわいい子がおりそのこ目当てでジムに通っていた時期がありました。これは間違いなく私のモチベーションに関わっています。だれでも、気になる人がいればどうしても会いにいきたくなるものです。私はその子とお話をしにジムにいっていると言っても過言ではありません。これはまれなケースですが、理由がそんなことでもいいじゃないですか。そのおかげで、ジムに通うモチベーションを保てているのですから。気になる人を見つけるということも全然ありだと思います。

3.理想の自分を描く

私は、ランニングをしているとき常に思っていることがありました。それは、俺はクリスティアーノ・ロナウドみたいな身体になるのだとランニングをしながら真剣にそう思っていました。だれか理想の人物を思い浮かべてその人になるのだと胸に近うことが、モチベーションにつながってくると感じます。そのおかげもあり、いまでもジムに通えている自分がいます。

上記3点のように、理由はなんであれモチベーションを保つためにはなにか自分で考えて行動することが大事です。毎日通うというのはなかなか大変ですが、それができたらモチベーションを保つことなんて容易にできます。人は何かやらない理由をつける生き物です。いやでも、通うモチベーションをみつけて何度でも足を運ぶことが大事だと思います。